注目の記事 PICK UP!

ピアノの鍵盤の重さ

12月19日(金)に、日暮里のインド料理レストラン『ダージリン』にてクリスマスライブを行います!

クリスマスライブ@ダージリン日暮里店 詳細(Facebook)

お近くの方も多いと思いますので、ぜひご都合合わせていらしてくださいね!
今回はキーボード(シンセ)で弾くのですが、キーボードのタッチの軽さで、コントロールの加減が全然違います。
鍵盤が少し重いものであればそんなに問題ないのですが、私が持っているものはかなり軽いので、ピアノのつもりで弾くと全然違うんです。
繊細に弾きたいところを、ピアノの感覚で弾くとがつんと音が出てしまうので、かなり神経を使います。
キーボードの後にピアノを弾くと重い感じがしますが、表現の幅が更に広がって楽しいですよ~!

ピアノ教室に通いたいなと思った時に、アコースティックのピアノがなくても、電子ピアノで十分です。
でも、タッチの違いで全然弾けなくなりがちなので、どのピアノを選んだらよいのか迷ったらお気軽にご相談くださいね!

関連記事

  1. ピアノをはじめるきっかけ

  2. 生の音楽を聴くこと

  3. 電子ピアノのメーカーの選び方は?

  4. D.C.(ダ・カーポ)ってなんだっけ?

  5. 50歳、60歳、70歳からのピアノ

  6. 結婚式でピアノを弾こう!

  7. 楽譜に「ドレミ」や指番号を書いたらダメ?

  8. 子どもの体験レッスン用の楽譜をアップしました

  9. レッスン時間・幼児の場合

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。