アメリカのメソッド:ピアノの教育指導方法

こんにちは!カノンの大出です。

日本の音大にピアノ教育法やピアノ指導科ができてきたのは、つい最近なのではないでしょうか?指導法についての授業とか、私が学生のときはきいたこともありませんでした。

なので、音楽大学を出た方でも、ピアノを教えたことがない、どう教えていいかわからないという方は多いんだと思います。

私も、数々の生徒さんを見てきて、色々な教え方をしてみて、今のその人に合うやり方を探しているのですが、特にアメリカでは、ピアノ指導法がもっと確立されているそうで、そういうお話を聞いてきました。

Talked a lot about the methods of #learningpiano and #teachingpiano ! アメリカのメソッドで教えてらっしゃる先生のところにお邪魔して、あれこれ話して聞いて時間があっという間!確かにこのやり方でやれば、#ジャズ やるにも早いよな〜と。今まで疑問に思ってた #数字譜 や #移動ド も腑に落ちた。ありがとうございました! そして、やっぱり今更だけど、楽譜用に大きな #ipad が欲しいな〜…今月目標達成したらご褒美に買おう。頑張る。

Kanako Odeさん(@kanako_kanon)がシェアした投稿 –

こちらに書いてるように、先日、英語でピアノを教えている先生のところに行って、色々教えてもらってきたのですが、これがとってもおもしろくて、今アメリカから教材を輸入してもらっています。

その先生とも色々お話してきたのですが、本当によくできていて。「英語わからない、よめない」という人も、問題ないです。

だって、どうせ3才児なんて日本語も英語もあまりわかってないですからね~。

そして、最近アメリカのものについてはiPadiPhone用のアプリ、電子ピアノと連携して演奏するアプリなどもたくさんあって、とってもおもしろいのです。

そのメソッドについては特に2歳、3歳でピアノを始める子にとても面白いと思っているのですが、その他、普段のソルフェージュでも取り入れていこうと思っています!

大人向けのものもあるので、特にジャズ系、ポップス系を勉強したい方にはよいかも!

関連記事

ページ上部へ戻る