児童館リトミックと習い事リトミック

児童館リトミック、習い事リトミック

みなさんは児童館などで開催される親子リトミックなどに参加した事がある方も多くいらっしゃるかもしれません。
今日は単発で行われるリトミックと習い事としてのリトミックの違いを少しお話ししたいと思います。

私も、地域の子育て支援活動団体からの依頼で単発の親子リトミックイベントの講師として呼ばれる事があります。
単発のリトミックで私が心かけている事、それは誰もが簡単に楽しめる事、親子でスキンシップが取れる事、音楽に興味を持ってもらえる言葉かけ、内容です。逆に言えば、知ってもらう第一歩で内容的には深くはまだ入る事は出来ません。それは初めてお会いしリトミックが初めての方も多くいると言う前提ですので、この事に気をつけてています。

 

通い続ける事で身につく大きな力

習い事でのリトミックは何度もお通い頂くわけですから、初回からしっかり今後を見通してのカリキュラムを組みます。音楽的意味も出来る限り保護者の方にお伝えします。お通いいただく事でお友達との関わりの楽しさ、講師とのやり取りにも慣れ社会性も成長します。そのスピードは驚くもので、数回お通い頂くと格段に力をつけてくれているのが分かります。
続いてリトミックを習う事の意味を改めて実感します。

例えばどこかの児童館や、子育て広場でリトミックに楽しく参加できたのなら、ぜひリトミックを続けて参加してほしいのです。お子様が興味をもち、楽しんでいる時こそ大きく成長する時期です。リトミックは続けることで成果が出ます。その成長は思いの外早く現れることが多いです。

カノンのリトミック

ピアノ教室カノンのリトミックは、音を体で表現したり楽しくリズムに触れたり、早期から音符理解を導入しています。楽しく導入していますので、音楽的なことも「難しい」という感覚はつきません。むしろ「楽しい」「表現したい」と思うようになります。

1歳からお通いいただいたお子様は、2歳でリズムを読んだり作ったり(音符カードで)3歳では音を読み、自らキーボードでスラスラ演奏します。

大きく成長する幼児期に、継続する習い事としてのリトミックをお勧めします。

ぜひ、皆様のお問い合わせ、体験レッスンをお待ちしています。

 

 

体験レッスンにご興味ある方はこちら

ピアノ教室カノンラインアットはこちら
友だち追加
※メッセージを送っていただければ一対一で会話できます。ご質問もお気軽にどうぞ。
ほぼ毎日更新!Youtubeチャンネル登録お願いします!

アメブロ読者登録はこちら
アメブロ読者登録

関連記事

ページ上部へ戻る