記事の詳細

今回は、平田先生にリトミックとの出会いやリトミック講師になろうとしたきっかけを教えていただきました!

リトミック講師になろうと思った理由

保育士、幼稚園教師としてのリトミック

私は以前、幼稚園7年間保育園5年間教諭、保育士として働いておりました。
10年以上前から保育園では保育士によるリトミック指導が行われていたり、勤めていた幼稚園では専属の講師によるリトミック指導、バイオリン指導そのほかピアノ講師によるアンサンブル指導などがあり音楽活動が盛んでした。

もともと音楽学校だったその幼稚園に勤めた事も何かの縁かも知れません。私は間近で音楽指導が子供達の成長を豊かにしている場面を見てきました。

リトミック以外の音楽教育

もちろん音楽教育を導入していない保育現場でも、必ず音楽は用いられています。
歌の時間はもちろん、『おはよう』『いただきます』『おかたづけ』『おかえり』など、子供たちの活動において、そこには高い確率で音楽が関わっています。
また、それは『生演奏』によることが大変多いですね。その生演奏の多くは保育者の弾くピアノです。そして子供たちは先生の弾くピアノに合わせて、歌ったり踊ったり、簡単な楽器演奏をしたりします。

また手遊び、わらべ歌などを歌ったり子供たちは幼稚園や保育園にいる間、まさに『音楽と共にある』と言っても良いでしょう。
そして、多くの子供たちにとって、もの心ついて最初にに触れる『生』の音楽が、幼稚園・保育園にあるとすれば、その品質は重要だと強く感じました。

音遊びからリトミックへ

しかし、幼稚園教諭や保育士はそれまでの自分を含め、子供達に伝えている「音遊び」が保育の中に埋もれてしまい当たり前になってしまっている部分があり、深く意味を把握していないのではないか?と疑問を持ちました。

保育者のする手遊びや、子供達が大好きな模倣遊びの演奏などにはかなりリトミック要素が含まれており、それは成長の目覚ましい幼児期には大きな意味を持ちます。それなのに当時私はよく理解していませんでした。

前述したように、幼稚園では専属の講師によるリトミック指導で子供達が次々に講師のピアノに合わせ表現を楽しんでいました。

講師は子供達の様子を見ながら、次々に音楽の世界を作り出しその世界で子供達が音楽を感じている姿に、本当に感動して、リトミック講師になることを決意しました。

リトミック講師への道

「私も音楽を子供達に伝えるのならしっかりリトミックを理解したい!」と思いその後幼稚園教諭をしながら勉強を始めました。
その勉強はとても楽しく、音楽を指導する上でとても大切なことばかりでした。
資格を取得している最中には「早く子供達に伝えたい!多くの方に広めていきたい!もっと音楽の素晴らしさを伝えたい!」という気持ちが強くなりました。
そして、リトミック講師資格取得と同年に職場を退職後、リトミック教室を主宰、今では多くのお子様にリトミックや音楽指導をしています。

私は今大好きな子供達と音楽に囲まれてお仕事をさせていただいて、とても幸せです。音楽を通しての目的を見つけてから、意味を持っての仕事にやりがいを感じます。『楽しい音楽を広げていきたい』『音楽が人を豊かにしたい』という目標に向かって今も頑張っています!

リトミック特別体験レッスン(各回5組限定)

参加費:1000円/1人
場所:ピアノ教室カノン(根津駅徒歩6分、日暮里駅南口徒歩10分)

2018/2/23 (金) 10:00-10:45(0〜1歳) 11:00-11:45(2〜5歳)

2018/3/3(土)13:00-13:45(0〜1歳) もうすぐ満員14:00-14:45(2〜5歳)

お申込み・お問い合わせはこちらからどうぞ!
(ソルフェージュ体験レッスンも企画していますので、ご興味のある方はその旨ご連絡ください。日程が決まり次第ご案内させていただきます)

体験レッスンにご興味ある方はこちら

ピアノ教室カノンラインアットはこちら
友だち追加
※メッセージを送っていただければ一対一で会話できます。ご質問もお気軽にどうぞ。

ほぼ毎日更新!Youtubeチャンネル登録お願いします!

アメブロ読者登録はこちら
アメブロ読者登録

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。