記事の詳細

大人でも子どもでも、やりはじめのときに、指を伸ばして弾いてしまう人がいます。

指の関節は、色々な人をみていると、みんな違っていて、いつも面白いなと思います。

手を丸くして弾こう

指を伸ばして弾くと、色々な所に力がはいって、結果的にひきにくくなります。

まずは、いい形で弾くように自分で気をつけてみて下さい。

基本的なフォームというのは、よく卵をつかむようにといいますが、手を丸くして指先を立てて弾くフォームです。

猫の手とか、膝を丸くつかむようにとかいうことがありますが、一番わかり易いのは、力を抜いたときの手の形です。

真っすぐ立って、背筋を伸ばして、何度かジャンプしてみましょう。

肩の力を抜いて、とんとんとジャンプをした時に、自然に手は丸くなっているはずです。

そのときの手が一番いい形です。

そのまま、そっと鍵盤の上に乗せてみてください。

力が抜けて、とてもいいフォームになっているはず。

 

力を抜くことを意識する

手のいい形を気をつけるということは、力を抜いて弾くこととつながっています。

ひじや手のひらに力が入っていると、手首があがったり、指が伸びたりして、力が入ったまま弾くようになります。

そうすると、腱鞘炎になりやすいし、力が入っているときちんと弾けません。

どんどん力が入って、どんどんフォームがおかしくなってしまいます。

一度、変な弾き方になってしまうと、どう直していいのかわからなくなりがち。

なので、弾いていて疲れたなと思ったら、弾き方のフォームを見直して、椅子から降りて、ちょっとジャンプして力を抜いてみて下さい。

フォームがキレイだと、ひきやすいので、上達も早いですよ。

やってみてくださいね!

体験レッスンにご興味ある方はこちら

ピアノ教室カノンラインアットはこちら
友だち追加
※メッセージを送っていただければ一対一で会話できます。ご質問もお気軽にどうぞ。

アメブロ読者登録はこちら
アメブロ読者登録

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。