ジャズ・ピアノはコピーから始めよう

ジャズ・ピアノを勉強するときは、楽譜からではなく、まず聴くことを優先することが大切です。前回、好きなピアニストを探そうというお話をしましたが、好きなピアノ、好きな曲を探して、真似してみることがスタートです。

いきなり、真似してといわれても、真似できない、やり方がわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

でも、まずやってみましょう。

絶対音感がなくても、例えばピアノの音と重ねてみたりすれば、ピアノの音を探すことはできます。それに慣れてきたら、最初は時間がかかっても、短い時間でできるようになってきます。

それでもどうしてもわからない場合は、ぜひその音源を一緒にレッスンで聴き取れるようにやってみましょう。

これは、マイルス・デイヴィスのマイルストーンというアルバムから、ストレイトノーチェイサーという曲の、レッド・ガーランドのソロの一部をコピーしたものです。音がわからなくても、鍵盤の位置で真似しやすいのではないでしょうか。本物の音源を聴きながら、トライしてみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る