注目の記事 PICK UP!

楽しく練習するために

ピアノが弾けるようになるためのアプローチは色々ありますが、なにが良いかはその人によるところが大きいようです。

 

例えば、楽譜を見ながら弾くことが苦手な人もいれば、楽譜を読むのが得意な人、聴いて弾くのが得意な人もいます。

 

ピアノを習うからには、楽譜は読めるようになってもらいますが(笑)

得意な方に合わせて、弾けるようになり、弾く楽しさを味わってもらうことも大切だと思っています。

 

出来ないことに目を向けてガッカリするよりも、出来ていることをほめて、伸ばしていきながら、不足分をゆっくり補うような気持ちでいると、楽しく上達できますよー^_^

楽しいと、練習が続きます。教室ではお子様向けに、シールを使ったり、カードを使ったりして楽しくなるように工夫しています。

おうちの練習も楽しくなるように、フォローしていきたいですね。

 

 

まずは体験レッスンを受けてみる

関連記事

  1. 指番号と数字読み

  2. こどものピアノに保護者のフォローが必要ですか?

  3. ピアノが上手くなる子の共通点3つ

  4. 補助ペダルを導入しました

  5. レッスン時間・幼児の場合

  6. 指を立てる

  7. 結婚式でピアノを弾こう!

  8. 楽譜に「ドレミ」や指番号を書いたらダメ?

  9. レッスンで集中力がキープできる最適な時間は?

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。