注目の記事 PICK UP!

レッスン時間・幼児の場合

幼児の場合、おすすめは、断然30分です。
というのは、集中力がしっかり持つのがそのくらいなんですね。
お子様によっては、30分では長いくらいです。

練習曲を数曲やって、集中が切れてしまいそうならば、音遊びやソルフェージュをしたり、楽しくてのめりこみそうならば新しい曲をどんどんやったりなど、お子様の状況に合わせて変えています。

「落ち着きがない子なので、心配です」
「集中力がないみたいで」
と心配なさる親御さんもいらっしゃいます。

お子さまをみていると、
「楽しい!」と思ったときの子供の集中力ってホントにすごいです。
こちらは、どうやってその楽しさを伝えるかがキーになるので、
性格の問題はあまり関係ないと思っています。

ピアノがきっかけで、集中する癖がつくようになったら、すごくうれしいですね!

photo by Rolands Lakis

関連記事

  1. 子どものレッスンには同伴したほうがよいですか?

  2. お子さまのピアノレッスン で心がけていること

  3. パーソナルシードを活用!子どもをほめるか、怒るか?どう声をかける?

  4. 大人になってからのピアノ上達度

  5. 絶対に本番で成功させるために その1

  6. 小さいお子様のグループレッスン

  7. ピアノを弾くときに、緊張しないようになりたい

  8. こどものピアノに保護者のフォローが必要ですか?

  9. 電子ピアノのメーカーの選び方は?

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。