注目の記事 PICK UP!

おんぷフラッシュカード

習い始めのお子さまのレッスンでは、音符の覚え方はさまざま。
指番号で覚えている子、楽譜をイメージでみて覚えている子、練習して覚えて弾く子…
最初はどんなやり方でもいいので、楽譜に慣れ親しんで、やっていくうちによめるようになっていくといいなと思っています。

どのくらいよめるようになったかの確認と、より早くよめるようになるために、音符のフラッシュカードを作りました。
練習の前後で、ちょっと音符の確認タイム。
何度かやると、すぐみんな覚えて、より楽譜が楽しくなるみたいですよ☆

関連記事

  1. 子どものピアノの上達に、親がピアノを弾けるかどうかは関係する?

  2. 体験レッスンにて(4歳児)

  3. ピアノを始めるのはもう遅い?楽しく始めるコツ3つ

  4. 無料で30分で両手でピアノが弾ける!教材を作っています

  5. 子どもの体験レッスン用の楽譜をアップしました

  6. 結婚式でピアノを弾こう!

  7. ピアノを弾くときに、緊張しないようになりたい

  8. 電子ピアノのメーカーの選び方は?

  9. 体験レッスンにて(3歳女児)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。