こどものピアノに保護者のフォローが必要ですか?

こどものピアノに保護者のフォローが必要ですか?

こんにちは。ピアノ教室カノンです。

こどもにピアノを習わせるのに、親が弾けないと無理でしょうか。

という質問をよくされます。

結論から言うと、そんなことはないです。

子ども1人でも伸びます。子どもは親より上手になれます。

なぜならわたしがそうだったから。

まず、保護者の方にやってほしいことは、ピアノを練習する習慣をつけることです。

それがまず第一に大切なことです。

例えば、御飯食べる前にピアノ。学校から帰ってきたらピアノ。遊ぶ前にピアノをしてね!と約束にして、一日に一度はピアノをさわるようにすること。

それができると、とってもまず第一段階はクリアしたも同然。

 

そして、少しずつやっていくと、つまづくところがでてきます。

そこで、保護者の方がフォローができると、伸びが早いと思います。

教室でも、フォローが必要なときは、こちらから「こんなふうにしてください」とお願いするようにしていますが、おうちの練習に役立つようなオンライン教材があると、もっと便利かなあと思ったので、今あらためて練り直しています。

また、できてきたらこちらでお知らせしますね。

まずは弾く習慣付けから、です。

うまくなると、楽しいし、ほめてもらえると嬉しいので、ぜひほめてあげることも忘れずに!

関連記事

2019年ピアノ教室カノンコンサートおつかれさまでした!

2019年ピアノ教室カノンコンサートおつかれさまでした!の画像

2019年ピアノ教室カノンコンサートおつかれさまでした!

先日の日曜はピアノ教室カノンの生徒さんたちの発表の場である、ピアノ教室カノンコンサートでした。

子どもが弾きたい曲はどのくらいで弾けるようになる?プリキュアが弾きたい!

子どもが弾きたい曲はどのくらいで弾けるようになる?プリキュアが弾きたい!の画像

子どもが弾きたい曲はどのくらいで弾けるようになる?プリキュアが弾きたい!

弾きたい曲を練習するのはとてもやる気になります。じゃあ、プリキュアが弾きたい!という生徒さん、いつなら弾けるでしょう?

ピアノレッスンの進め方(レッスン内容編)

ピアノレッスンの進め方(レッスン内容編)の画像

ピアノレッスンの進め方(レッスン内容編)

ピアノレッスンはどのようにすすめていくのですかとよく聞かれます。この回では実際にレッスン内容でどのようなことをするかについてお話します。