楽しく練習するために

楽しく練習するために

ピアノが弾けるようになるためのアプローチは色々ありますが、なにが良いかはその人によるところが大きいようです。

 

例えば、楽譜を見ながら弾くことが苦手な人もいれば、楽譜を読むのが得意な人、聴いて弾くのが得意な人もいます。

 

ピアノを習うからには、楽譜は読めるようになってもらいますが(笑)

得意な方に合わせて、弾けるようになり、弾く楽しさを味わってもらうことも大切だと思っています。

 

出来ないことに目を向けてガッカリするよりも、出来ていることをほめて、伸ばしていきながら、不足分をゆっくり補うような気持ちでいると、楽しく上達できますよー^_^

楽しいと、練習が続きます。教室ではお子様向けに、シールを使ったり、カードを使ったりして楽しくなるように工夫しています。

おうちの練習も楽しくなるように、フォローしていきたいですね。

 

 

まずは体験レッスンを受けてみる

関連記事

プレピアノレッスンの体験談

プレピアノレッスンの体験談の画像

プレピアノレッスンの体験談

プレピアノをやって、どうなった?保護者の方からの声
プレピアノをやってから個人ピアノレッスンに移行した子を見ていると、おうちでの宿題をやる際に、親のフォローなしに、自分で理解してどんどん進めている...

プレピアノレッスンの効果・メリット3つ

プレピアノレッスンの効果・メリット3つの画像

プレピアノレッスンの効果・メリット3つ

プレピアノレッスンのメリットその1:基礎ができるためピアノレッスンの飲み込みが早くなる
プレピアノレッスンは、リズム遊びのほか、歌を歌ったり、一緒に音名を覚えたりという音楽の基礎的なことを一緒にレ...

プレピアノのグループレッスンの準備をしています!

プレピアノのグループレッスンの準備をしています!の画像

プレピアノのグループレッスンの準備をしています!

2-3歳対象のプレピアノ、グループレッスンの準備をしています!

今月から始まる2-3対象のプレピアノ・グループレッスンの準備に大忙しです! これは、その時に使うかも?(笑)お楽しみに!
2歳でも、...