楽しく練習するために

楽しく練習するために

ピアノが弾けるようになるためのアプローチは色々ありますが、なにが良いかはその人によるところが大きいようです。

 

例えば、楽譜を見ながら弾くことが苦手な人もいれば、楽譜を読むのが得意な人、聴いて弾くのが得意な人もいます。

 

ピアノを習うからには、楽譜は読めるようになってもらいますが(笑)

得意な方に合わせて、弾けるようになり、弾く楽しさを味わってもらうことも大切だと思っています。

 

出来ないことに目を向けてガッカリするよりも、出来ていることをほめて、伸ばしていきながら、不足分をゆっくり補うような気持ちでいると、楽しく上達できますよー^_^

楽しいと、練習が続きます。教室ではお子様向けに、シールを使ったり、カードを使ったりして楽しくなるように工夫しています。

おうちの練習も楽しくなるように、フォローしていきたいですね。

 

 

まずは体験レッスンを受けてみる

関連記事

ピアノのレッスンと同時に「ソルフェージュ」のレッスンもやるほうがいいの?

ピアノのレッスンと同時に「ソルフェージュ」のレッスンもやるほうがいいの?の画像

ピアノのレッスンと同時に「ソルフェージュ」のレッスンもやるほうがいいの?

ソルフェージュのレッスンをしたほうがいい?
最近は、保護者の方もとても熱心で、いろいろなWEBサイトやブログなどで、ピアノレッスンに関する情報を集めていらっしゃいます。 特に、保護者の方はピアノを...

ピアノの先生が合わないかもしれない?

ピアノの先生が合わないかもしれない?の画像

ピアノの先生が合わないかもしれない?

担当のピアノの先生を変更することはできる?
ピアノ教室カノンでは、どの先生も、できるだけお子様の進度や性格、やりたい方向性に合った形でレッスンを進めています。
それでもたまに「先生を変更した方がい...

プレピアノレッスンの体験談

プレピアノレッスンの体験談の画像

プレピアノレッスンの体験談