「譜面がいつになってもよめない」を脱却しよう!

「譜面がいつになってもよめない」を脱却しよう!

何年も習っているのに譜面が読めない!?

何年もピアノを習っているのに、譜面がよめないという方は少なからずいらっしゃいます。
大人も多いですが、お子様も多いです。
ト音記号の譜面はだいたい分かっても、ヘ音記号の譜面や、下線など5線の外の音が読みにくいという方もいるかもしれませんね。




一番簡単なのは、覚えてしまうこと

譜面をよむのに一番簡単なのは、譜面の位置で覚えてしまうこと。
ある程度、時間をかけて練習していくと、自然と身に付くものです。
読めるようになると、例えばト音記号の下から2番目の音はソですが、その音をみて、パッと「ソ」といえるようになります。
でも、昨日はじめたばかり、もしくはなかなか練習する時間がとれないと、そうはいかないかもしれません。その場合はどうしたらいいでしょう?

5線の音を覚えてしまおう

楽譜をすぐ読むコツ!

こちらの動画でも話していますが、5線の線の音を覚えてしまうのは簡単です。

動画もよかったらみてみてね。

ト音記号の譜面の五線の音は下から「ミソシレファ」。ヘ音記号は下から「ソシレファラ」です。

真ん中のド と、この音の順番を覚えてしまえば、どこの音もすぐよめるようになります。

楽譜として読んでいくには、横に読んでいく力も必要になりますが、最初はこれがわかるだけですぐ音がわかるし、したからドレミ・・・と数えるより早くよめるようになりますよ。

是非試してみてくださいね!

関連記事

ピアノ教室カノンの生徒さんは、どこの小学校・保育園からきているの?

ピアノ教室カノンの生徒さんは、どこの小学校・保育園からきているの?の画像

ピアノ教室カノンの生徒さんは、どこの小学校・保育園からきているの?

どこの小学校からの生徒さんが多い?
ピアノ教室カノンでは、今でこそお友達からのご紹介で来ていただくこともあるのですが、昔はホームページからご入会いただいた方が発表会のプログラムをみて「あれ?○○ち...

プレピアノのレッスンをおうちでやってみよう!

プレピアノのレッスンをおうちでやってみよう!の画像

プレピアノのレッスンをおうちでやってみよう!

プレピアノのレッスンをお家でできる動画を作りました。ぜひお家でやってみてくださいね!

小さい子どもに効果的なピアノの練習とは?

小さい子どもに効果的なピアノの練習とは?の画像

小さい子どもに効果的なピアノの練習とは?

小さい子どもにおすすめのピアノの練習方法とは?
小さいお子様がピアノを始めたばかりの時は、どう練習していけばいいのか、手探りでフォローしていく保護者の方も多いと思います。
ご自身がピアノを習った経...