正しい手のフォーム

正しい手のフォーム

正しい手のフォームで弾くことは、上達の近道です!
小さいお子様でピアノを始めたころは、指を伸ばして弾いたり、手のひらに力を入れて弾いたりなど、手のフォームがばらばらなことが多いです。
手のフォームが定まらないままで練習を続けると、癖になり、腱鞘炎の元になることもあるので、注意が必要です。

正しいフォームは、よく卵をつかむようにとか、
弾いているときに卵が一個入るようにといわれます。
ひざ小僧に手をのせた形、といってもいいかもしれません。
そして、肩、腕の力は抜いて、脱力します。

よく最初にいうのは、手の中に卵が入るような、丸い手の形で弾くこと。
でも、小さい子は卵だと大きすぎるので、猫の手みたいにねーというときれいなフォームを作ってくれやすいです。
また、ここでよくやりがちなのが、手首を高くしてしまうこと。
手首を高くすると、また指が伸びて変なフォームになるので、手首は平らにして、力を入れないようなフォームを気を付けてみてくださいね。

特に小さいお子様は、指が届かないからと伸ばして弾いてしまう子がいますが
少しずつ調整して、きれいな手の形で弾けるようにするのがいいですよ。

きちんとしたフォームで弾くと、指の筋肉がきちんと鍛えられるので、練習曲も、ずっと効率的になります。
このフォームに慣れてくると、脱力もしやすくなるので、オクターブや和音のパッセージも弾きやすくなると思います。
演奏のフォームってとても大事で、正しいフォームで弾けていたら、痛くなったりしないんです。
痛いのは、フォームに問題がある証拠なので、ぜひ相談してくださいね!

最近よくみなさんに言うのは、この写真みたいにしたときに、手の甲にやまができますよね。

そして、弾いていてどこかが痛いということは、力が入っているということなので、無理をせずに休んでください。
無理をすると腱鞘炎になることもあるので、ご注意くださいね。
正しいフォームで弾いていれば、腱鞘炎になることはないので。

ただし!
これはクラシックのフォームなので、クラシックピアノを弾く時や、早いパッセージを軽やかに弾く時に有効なフォームなんです。
ジャズやブラジル音楽を弾く時や、もっと特殊な音を目指しているときはまた変わってきます。
弾きたい音、音楽、ジャンルによって自由な形で楽しんでいきたいですね。

関連記事

塾で「いつピアノを辞めるの?」といわれたらどうする?

塾で「いつピアノを辞めるの?」といわれたらどうする?の画像

塾で「いつピアノを辞めるの?」といわれたらどうする?

塾とピアノ
塾で、「いつピアノを辞めるの?」と聞かれたと保護者の方から伺いました。
特に、東京では、小学生が中学受験をすることは少なくないです。
それは高校受験や大学受験の負担を少なくするため、公...

ソルフェージュができると、何ができるようになるの?ソルフェージュって何?

ソルフェージュができると、何ができるようになるの?ソルフェージュって何?の画像

ソルフェージュができると、何ができるようになるの?ソルフェージュって何?

ソルフェージュとは?
ピアノ教室に通っていると、ソルフェージュのレッスンがあるお教室があります。 ソルフェージュというのは、具体的に何のことでしょうか? ソルフェージュというのは、音楽の基礎訓練の...

プレピアノコースのすすめ

プレピアノコースのすすめの画像

プレピアノコースのすすめ

プレピアノって何?
ピアノを習いたいけど、2歳や3歳だとまだ早い?と思われる方も多いと思います。ピアノ教室カノンでは、プレピアノコースでは、ピアノを弾くというよりも、リトミックやソルフェージュが主...