ピアノの発表会に出るということ

ピアノの発表会に出るということ

発表会を控えて、みなさん練習に励んでいます
発表会は出たい!という方と、出ようか迷うという方がいらっしゃいます。

どちらでもよいといえばそうなのですが、迷っているならぜひ出てみられてはいかがでしょうか。

  • 発表会のメリットその1:ステップアップ

発表会など人前で弾く場があると、どうしても緊張します。
だからこそ練習するし、それでどんどんステップアップしていくんです。
ですので、発表会の前後で格段にレベルアップします。

  • 発表会のメリットその2:ライバル、仲間ができる

ピアノは個人で練習するものなので、教室に通っていてもあまりお友だちと会うことはありません。
でも、発表することで、小さい子なら年が近いライバルができたり、大人の方なら同じ趣味のお友だちになれたりします。
交流の場としてもぜひ活用していただきたいです。

  • 発表会のメリットその3:楽しい!

とにかく、人前で弾くというのは、楽しいものです。
自分の今までの練習の成果を、ぜひ思う存分発揮してください。
弾くことが楽しいと思えたら、またそこから世界が広がりますよ!

関連記事

クリスマスソングをピアノで弾こう!

クリスマスソングをピアノで弾こう!の画像

クリスマスソングをピアノで弾こう!

もうすぐ12月です!クリスマスソングをピアノで弾こう!
もうすぐ12月ですね! あちこちからクリスマスソングが流れる季節。 宗教関係なく、このホリデームードにわくわくしてしまうという方も多いのでは...

ピアノは何歳で始める?始めるときの確認ポイント3つ

ピアノは何歳で始める?始めるときの確認ポイント3つの画像

ピアノは何歳で始める?始めるときの確認ポイント3つ

ピアノはいつ始める?
ピアノは何歳で始めるのが良いのかいろいろな意見があると思いますが、それについて動画でお話ししてみました。 今、0歳でも受けられるというスクールも増えています。 子供の場合と大...

ピアノをはじめたばかり。ド・レ・ミと123の指番号が混同してしまうとき

ピアノをはじめたばかり。ド・レ・ミと123の指番号が混同してしまうときの画像

ピアノをはじめたばかり。ド・レ・ミと123の指番号が混同してしまうとき

ピアノを弾き初めのときに、音名と指番号が一致してしまって、ドレミと指番号を混同してしまうことがあります。どうやって直していったらいいでしょうか。