レッスン時間・幼児の場合

レッスン時間・幼児の場合

幼児の場合、おすすめは、断然30分です。
というのは、集中力がしっかり持つのがそのくらいなんですね。
お子様によっては、30分では長いくらいです。

練習曲を数曲やって、集中が切れてしまいそうならば、音遊びやソルフェージュをしたり、楽しくてのめりこみそうならば新しい曲をどんどんやったりなど、お子様の状況に合わせて変えています。

「落ち着きがない子なので、心配です」
「集中力がないみたいで」
と心配なさる親御さんもいらっしゃいます。

お子さまをみていると、
「楽しい!」と思ったときの子供の集中力ってホントにすごいです。
こちらは、どうやってその楽しさを伝えるかがキーになるので、
性格の問題はあまり関係ないと思っています。

ピアノがきっかけで、集中する癖がつくようになったら、すごくうれしいですね!

photo by Rolands Lakis

関連記事

2019年ピアノ教室カノンコンサートおつかれさまでした!

2019年ピアノ教室カノンコンサートおつかれさまでした!の画像

2019年ピアノ教室カノンコンサートおつかれさまでした!

先日の日曜はピアノ教室カノンの生徒さんたちの発表の場である、ピアノ教室カノンコンサートでした。

子どもが弾きたい曲はどのくらいで弾けるようになる?プリキュアが弾きたい!

子どもが弾きたい曲はどのくらいで弾けるようになる?プリキュアが弾きたい!の画像

子どもが弾きたい曲はどのくらいで弾けるようになる?プリキュアが弾きたい!

弾きたい曲を練習するのはとてもやる気になります。じゃあ、プリキュアが弾きたい!という生徒さん、いつなら弾けるでしょう?

ピアノレッスンの進め方(レッスン内容編)

ピアノレッスンの進め方(レッスン内容編)の画像

ピアノレッスンの進め方(レッスン内容編)

ピアノレッスンはどのようにすすめていくのですかとよく聞かれます。この回では実際にレッスン内容でどのようなことをするかについてお話します。