緊張しないために

緊張しないために

発表会が近づいていますね。
たくさん練習しても、緊張はするものです。

手のひらに人を3回書いて、ぱくってすると緊張しないよ!というおまじないを、小さいときによくやりませんでしたか?
そういう、「自分だけの緊張しないジンクス」を作るのは結構いいです。
例えば、チョコレートを直前に食べるとか、ホッカイロを持っているとか、ハンカチを持って本番はピアノの上に置いておくとか。
昔、クラシックのジョイントコンサートを一緒にやっていた時の先輩は、始まる前に必ずカフェでコーヒーを飲んでいました。
私は学生時代はハンカチを新調して持っていったりしていました。

また、直前に練習しすぎないことも大事です。
直前にたくさん弾きまくってしまうと、疲れて本番に集中できないからです。

でも、練習や努力は決して裏切らないので、努力を続けていると自然と自信になりますよ。
練習しているかどうかは、自分が一番よく知っているので、できてないなと思うと焦りやすいです。
あれだけ頑張ったんだから、大丈夫!といえるような準備ができるといいですね。

毎日寝る前に、「ああ、思い通りに弾けて、本当によかった!」とイメージしておくのも大切!
潜在意識を有効活用して、弾けない時間もイメージトレーニングをして本番に臨みましょう!

関連記事

クリスマスソングをピアノで弾こう!

クリスマスソングをピアノで弾こう!の画像

クリスマスソングをピアノで弾こう!

もうすぐ12月です!クリスマスソングをピアノで弾こう!
もうすぐ12月ですね! あちこちからクリスマスソングが流れる季節。 宗教関係なく、このホリデームードにわくわくしてしまうという方も多いのでは...

ピアノは何歳で始める?始めるときの確認ポイント3つ

ピアノは何歳で始める?始めるときの確認ポイント3つの画像

ピアノは何歳で始める?始めるときの確認ポイント3つ

ピアノはいつ始める?
ピアノは何歳で始めるのが良いのかいろいろな意見があると思いますが、それについて動画でお話ししてみました。 今、0歳でも受けられるというスクールも増えています。 子供の場合と大...

ピアノをはじめたばかり。ド・レ・ミと123の指番号が混同してしまうとき

ピアノをはじめたばかり。ド・レ・ミと123の指番号が混同してしまうときの画像

ピアノをはじめたばかり。ド・レ・ミと123の指番号が混同してしまうとき

ピアノを弾き初めのときに、音名と指番号が一致してしまって、ドレミと指番号を混同してしまうことがあります。どうやって直していったらいいでしょうか。