ツェルニー100番練習曲より3番の動画を作成しました

ツェルニー100番練習曲より3番の動画を作成しました

ツェルニー100番練習曲より3番です。

ツェルニー100番練習曲より3番

「子どものツェルニー100番 効果的な24曲でしっかり身につくテクニック」では1番になっています。

右手も左手もレガートで弾けるように、片手ずつゆっくりスタッカートの練習をしましょう。
右手は、一拍ずつ弾くのではなく、スラーの始まりから終わりまでをひとまとまりに弾くことが大切です。
右手のメロディを歌ってみるのもいいですよ。

スラーの始まりは、始まりだと意識して弾くだけで音が変わってきます。
スラーの終わりも納めるようなイメージで弾いてみましょう。
最後の高い音もきれいな音になるように意識して弾きましょうね!

体験レッスンにご興味ある方はこちら

ピアノ教室カノンラインアットはこちら
友だち追加
※メッセージを送っていただければ一対一で会話できます。ご質問もお気軽にどうぞ。

アメブロ読者登録はこちら
アメブロ読者登録

関連記事

ジャズ・ピアノはコピーから始めよう

ジャズ・ピアノはコピーから始めようの画像

ジャズ・ピアノはコピーから始めよう

ジャズ・ピアノを勉強するときは、楽譜からではなく、まず聴くことを優先することが大切です。前回、好きなピアニストを探そうというお話をしましたが、好きなピアノ、好きな曲を探して、真似してみることがスタートです。

ジャズ・ピアノはどこから始める?

ジャズ・ピアノはどこから始める?の画像

ジャズ・ピアノはどこから始める?

ジャズ・ピアノを習いたいと思ったときに、何から始めたらいいのかわからないという方、多いのではないでしょうか?もともと、耳から聴いて演奏するほうが得意な方には、ジャズは入りやすいと思います。

リズム感をつけるには何が良い?

リズム感をつけるには何が良い?の画像

リズム感をつけるには何が良い?

リズム感とはリズム感とは簡単に言うと、リズムに乗って音楽を演奏したり、体を動かすことができる能力です。