記事の詳細

最近はピアノのレッスンは低年齢化していて、2歳か3歳前くらいのお子様から習わせているご家庭も多いようです。
大手の音楽教室のグループレッスンなどでも、2歳・3歳のお子様向けの教室もありますね。
ピアノの教材をみても、そのくらいの年齢のお子様を対象にした教材も出てきています。

2歳や3歳というと、ご兄弟がいるかどうか、快活な性格なのか内気なのかなどによって、同じ年齢でも全然成長度が違ってきますね。
お姉ちゃんがいるとおしゃべりも早いし、兄弟でも妹さんのほうが積極的だったり、本当にバラバラ。
ですので、体験レッスンに来ていただいて、その子の性格や、音楽への興味など、いろいろ見させていただいて、レッスンの内容、教材を決めるようにしています。

例えば、同じ3歳でも、2歳から3歳になったばかりともうすぐ4歳になる3歳では大違いですよね。
ちょっと引っ込み思案であまり歌を歌うのが好きじゃないようだったら、リズム遊びを多くしてみるなど、少しでもその子が興味のあることを探して教材を選びます。

特に、こういう小さなお子様の場合は、グループレッスンでひとくくりにしてしまうのは、ちょっと難しいですよね。
例えば4月生まれで3歳になったばかりの子と、早生まれで一番最後に3歳になる子では、学年は一緒になってしまいますが、1歳近くの差が出てしまいます。
そうすると、内容に全然ついていけない子が出てきたり、一度お休みするとわからなくなってしまったりなど、フォローが必要になります。
その点、プライベート個人レッスンであれば、その子その子にあったレッスンを提供できるので、その利点を生かして、お子様が興味を持っているポイントを探っていきたいなと思っています。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。