記事の詳細

Skypeによるオンラインレッスンのとき、カメラの位置をどうしたらいいかというご相談をいただきます。
手や、フォームも見える場所にしてほしいのですが、ぜひ顔も見えるようにしてください。
表情が見えると、よりレッスンがスムーズになります。
なぜなら、やはり、声だけでは理解してくれているのかどうなのかがわかりにくいのと、コミュニケーションがとりにくいなと感じるのです。

レッスンの時、弾き方や音などについて、どうしても、抽象的な表現で伝えることも多いので、「こうしてみてください」といったときに、わかってもらえているかはとても気にしています。
わからなくても、気をつかって「わかりました」と言ってくれている方が多いみたいなんですよね。

普段のレッスンであれば、表情をみればわかるので、別の言い方をしたり、実際弾いてみれば一発なのですが、それをオンラインでやるには、表情がないと難しいです。

パソコンにカメラが内蔵されているようなケースでは、難しいかもしれませんが、ぜひ色々試してみて、最適な位置を見つけてくださいね。
わからない場合は、体験レッスンのときにお話ししますので、お気軽にお申込みくださいね!

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。