絶対に本番で成功させるために その2 心構え

絶対に本番で成功させるために その2 心構え

本番を絶対に成功させるためのシリーズ、その2です。

まだ読んでいない方はこちらもどうぞ。

絶対に本番で成功させるために その1

その1でもいいましたが、心構えとしては、まず自分ができるということを信じること。それが大切になります。

明確な成功のイメージを持とう

その次にしてほしいことは、成功したら、どんなにいいことがあるか。どんな人が喜んでくれるのか。

それを明確にしてみてください。

絵を書くのが得意な人は、絵で表現してみてもいいですよ!

ポイントは、誰かに喜んでもらえることを前提にすることです。

演奏は、誰かのためにするもの。あなたの演奏で、喜んでくれる人がいるはずなんです。

「○○の演奏を成功させる!」

だけではなく、第三者がいる目標にしてみましょう。

「○○の演奏が大成功して、今まで応援してくれたお母さんがすごく喜んでくれる」

「○○の演奏で、聞いていてくれた人がすごく喜んでくれて、またこれから頑張ろうという気持ちになる」

自分のためではなく、誰かのためだと思うと、力が湧いてくるし、諦めにくくなります。

演奏は、1人ではできません。聴いてくれる人がいないと、意味がない。

だから、誰のために、どんなことのために演奏を成功させたいのか、成功したらどんな人が喜んでもらえるのか。

そういうイメージを持ってみてください。これがあると、モチベーションが全然違ってきます。とても楽しくなるし、やりたくなります。ぜひ、やってみてくださいね。

本番は、自信を持って弾く

本番の前に、リハーサルなど、みんなの前で弾くときがあるかもしれません。

そんなときは、とにかく自信を持ってやりきること。

「え、準備できてないからまだできない」

「自信ないから間違ったらごめんなさい」

そんな風に、言い訳をしないで、大丈夫です。

自信を持って弾けば、今までの成果がでます。

ネガティブに考えず、「これまでこんなに頑張ったから、絶対できる!」と本番直前まで自分を自分で励ますこと。

悪い方に考えると、悪い結果を引き寄せがちです。不安になっても、「絶対できる!」と思って不安をはねつけましょう!

魔法の言葉

でも、それでも不安になるようだったら、「こんなにうまく弾けるとは思わなかった!」と自分で暗示をかけるのがおすすめ。

実際うまく弾けると思っていないけど、この言葉が出るのはうまく弾けたときですよね。そうやって、自分がうまく弾けることを引き寄せていきましょう!

できる気がしてきましたか?そうしたら、次回からは練習するときのコツを色々書いていこうと思います!

絶対に本番で成功させるために その1

絶対に本番で成功させるために その2 心構え

絶対に本番で成功させるために その3 練習するときのコツ(発表ジャンル別)

絶対に本番で成功させるために その4イメージトレーニング

体験レッスンにご興味ある方はこちら

ピアノ教室カノンラインアットはこちら
友だち追加
※メッセージを送っていただければ一対一で会話できます。ご質問もお気軽にどうぞ。

アメブロ読者登録はこちら
アメブロ読者登録

関連記事

発達障がいと診断されたけど、ピアノはできる?

発達障がいと診断されたけど、ピアノはできる?の画像

発達障がいと診断されたけど、ピアノはできる?

自閉症スペクトラム(ASD)、ADHD、チック症、学習障害(LD)、ダウン症など
発達障がいについては、色々な症状がありますが、平均的に3歳児検診くらいから、色々な診断をされ始めます。
また、子ど...

塾で「いつピアノを辞めるの?」といわれたらどうする?

塾で「いつピアノを辞めるの?」といわれたらどうする?の画像

塾で「いつピアノを辞めるの?」といわれたらどうする?

塾とピアノ
塾で、「いつピアノを辞めるの?」と聞かれたと保護者の方から伺いました。
特に、東京では、小学生が中学受験をすることは少なくないです。
それは高校受験や大学受験の負担を少なくするため、公...

ソルフェージュができると、何ができるようになるの?ソルフェージュって何?

ソルフェージュができると、何ができるようになるの?ソルフェージュって何?の画像

ソルフェージュができると、何ができるようになるの?ソルフェージュって何?

ソルフェージュとは?
ピアノ教室に通っていると、ソルフェージュのレッスンがあるお教室があります。 ソルフェージュというのは、具体的に何のことでしょうか? ソルフェージュというのは、音楽の基礎訓練の...