兄弟で一緒にピアノを習うとよいこと

兄弟で一緒にピアノを習うとよいこと

こんにちは(^^)

こちらは、先日のレッスンの後の写真です(^^)

ご兄弟で来ていただいていて、お兄ちゃんはジャズ系中心。

弟くんはジャズ系も興味ありつつ、ベーシックなピアノを基本に練習しています。

みんな、好きな曲だと練習に夢中になりますね。

兄弟で一緒に成長する

兄弟や姉妹でピアノを習っている子は多いですが、一緒にやることで、相乗効果があるなと思っています。

家でどちらかが練習すると、自分もやろうと思ったり、どちらかが成長していくのをみて、自分もできるようになれるんだなと思えたり。

お互いに聞きあえるのも楽しいですよね。

兄弟でおうちの練習を習慣化する

お家でも、2人以上いると練習の習慣化もしやすいと思います(^^)

どちらかが弾いているのをみると、弾いていない方は弾きたくなるものです。

お互いに刺激しあえるので、おうちの練習もはかどりやすいと思います。

自然に予習、復習ができる

お兄ちゃんかお姉ちゃんが先に始めることが多いと思います。

そうすると、妹か弟は、お兄ちゃんかお姉ちゃんが先に演奏したものを追いかける形になるので、自然に予習ができます。

また、妹か弟があとからやることで、お兄ちゃん、お姉ちゃんは復習できるし、自分が成長して上手くなってきたことを実感できます。

おうちで、教えてあげている子もいるようです。

ピアノを通じて、おうちでの会話が楽しくなっていったら、うれしいなーと思います。

兄弟で習っている子を見ていると、兄弟でも好みが全然違ったり、つまづくところも違ったりします。

同じ環境で育ってるはずなのに、おもしろいですよね。

一緒に良い影響を与え合いながら成長していきたいですね(^^)

関連記事

ピアノをはじめたばかり。ド・レ・ミと123の指番号が混同してしまうとき

ピアノをはじめたばかり。ド・レ・ミと123の指番号が混同してしまうときの画像

ピアノをはじめたばかり。ド・レ・ミと123の指番号が混同してしまうとき

ピアノを弾き初めのときに、音名と指番号が一致してしまって、ドレミと指番号を混同してしまうことがあります。どうやって直していったらいいでしょうか。

コンサートの写真ができました

コンサートの写真ができましたの画像

コンサートの写真ができました

ピアノ教室カノン、コンサートは先月終了しましたが、写真ができました!

2019年ピアノ教室カノンコンサートおつかれさまでした!

2019年ピアノ教室カノンコンサートおつかれさまでした!の画像

2019年ピアノ教室カノンコンサートおつかれさまでした!

先日の日曜はピアノ教室カノンの生徒さんたちの発表の場である、ピアノ教室カノンコンサートでした。