Zoomでピアノレッスンをしよう!オンラインレッスンのすすめ

Zoomでピアノレッスンをしよう!オンラインレッスンのすすめ

今こそオンラインでピアノレッスン

今、コロナの影響でにわかにオンラインレッスンが注目されていますね。
ピアノ教室カノンでは、開校当時からオンラインレッスンに取り組んでいます。
その当時はSkypeによるレッスンが主流でしたので、Skypeを主に使っていましたが、最近ではZoomも便利ですので、どちらかを利用して行っていることが多いです。

どちらにもメリットデメリットがありますが、基本的に慣れている方で行うというのがいいと思います。慣れていなければZoomの方が簡単かと。
用意するものは、最低限スマホだけ。パソコンやiPadがあると、よりよいですよ。

ピアノ教室をめぐる環境も、どんどん変わってきていますね。
今のところ、Zoomが便利だと思っていますが、今後、また新しいアプリの方がいいと判断した場合は、どんどんそちらを取り入れていこうと思っています。

Zoom の詳細な使い方については、こちらのnoteもどうぞ!

今こそZoomでピアノのオンラインレッスンをしよう!その0. 心構え編

今こそZoomでピアノのオンラインレッスンをしよう!その1.講師編

今こそZoomでピアノのオンラインレッスンをしよう!その2.生徒さん編

 

オンラインレッスンの準備

オンラインレッスンを始める前の準備としてお願いしたいことは、主に二つ。

・使用するアプリ(SkypeもしくはZoom)をインストールしていただくこと
・レッスンで使用している教材の、宿題となっているところを写真にとって送っていただくこと

レッスンの教材には、今までのレッスンの時の書き込みなどがあると思います。
そちらを確認しながらレッスンをすすめていきますので、使用している教材の写真をとって、ライン(LINE)でよいですので、送っておいてくださいね。

オンラインレッスンのときは、楽譜に書き込みながらレッスンはできないので、「こう書き込んでおいてね」ということがあると思いますので、近くにペンなどを用意していただくとより良いと思います。

Skypeレッスンの場合

Skype(スカイプ)レッスンの場合は、こちらに詳しくやり方を書いていますので、こちらをご参照ください。

Skype(スカイプ)レッスンの進め方

Skypeレッスンのメリットとしては

・日本語対応していてわかりやすい
・昔からあるアプリなので、知っている方が多い
・背景をぼやかすことができる(鍵盤までぼやけるとレッスンしにくいので、使えない時もあります)

こんな感じでしょうか。デメリットとしては

・通信量が多い(30分で1G程度)
・スカイプに会員登録(無料)が必要

・通話の前にお互いを承認しあう必要があることがある(ここでつまづくことが多いです)
・Skypeにログインができない(パスワードを忘れたなど)場合、講師がわからフォローできない

今までの経験上、よくつまづくのがこのあたりです。

 

Zoomでピアノレッスンをしよう

Skypeを今まで使ったことがあり、慣れている場合はSkypeでも結構なのですが、そうでない場合は最近はZoomアプリのほうがわかりやすいようです。

Zoomアプリのインストールはこちらから

Androidはこちらから

iPhoneはこちらから

まず、アプリをインストールしてください。そして、準備はそれだけでOKです。

面倒な会員登録もいりませんし、事前に承認しあう必要もありません。レッスン時間まで、そのままお待ちくださいね。
ただ、Skypeも同じですが、初回のみ、マイクとカメラをアプリが使用していいか確認のメッセージが出ると思います。
そちらはOKにしてくださいね!

こちらからレッスン用のURLをお送りしますので、レッスン時間前にそちらをクリックしていただきます。

そうすると、自動的にZoomアプリで開かれて、レッスンできる状態になります。とっても簡単ですよ。

Zoomレッスンのメリット

・会員登録の必要がない
・お互いを承認しあう必要がない
・通信量がすくない(30分100〜150MB)

・バーチャル背景を使うと、背景を自由に変えられる(鍵盤まで背景になってしまうときは、使えないこともあります)

Zoomレッスンのデメリット

・日本語対応が中途半端なので、ときどきわかりにくい
・認知度が低いため、難しいと感じてしまいがち

Zoomは「画面を共有」機能が優秀

Zoomでレッスンする際は、「画面を共有」機能がとても優秀です。

ただしスマートフォンでやりとりすると、画面が小さいのでわかりにくいのですが、もしパソコンからやりとりできるのなら、必要に応じて、画面を使いながらレッスンすることもできます。

ホワイトボードも設定できるので、ソルフェージュのレッスンもやりやすいですよ。

Wifi環境を整備するか、使わないアプリを閉じておく

また、ビデオ通話になるため、通信量は多くなります。
これから5Gになっていくと、あまり気にならないかもしれませんが、格安SIMなどを使われていて通信量に制限がある方は、Zoomの方がよいかもしれません。
通信量については、こちらもご参考にどうぞ。
WEB会議の通信量について

zoomだと、30分レッスンを3回で500MBくらい、Skypeだと3Gだとしたら、通信量的にはzoomの方がよいですよね。
また、Skypeをネットワーク環境の弱い場所で使った場合、通信量が多いことから、音が途切れ途切れになることも考えられます。
実際、音飛びなどを考えると、Zoomの方がスムーズな印象です。

でも、どうしてもSkypeを使いたい場合は、Wifi環境のある場所でやるか、使わないアプリを閉じるなどして他のアプリがネットワークを使用しないようにして行うといいかもしれません。

ぜひ、ご興味のある方は一緒にチャレンジしていきましょうね!

 

関連記事

Syncroomを使ってオンラインピアノレッスンをしてみよう

Syncroomを使ってオンラインピアノレッスンをしてみようの画像

Syncroomを使ってオンラインピアノレッスンをしてみよう

Syncroomって何?
オンラインレッスンをしていく中で、いいところもたくさんあるけれど、ピアノのレッスンではよくある 「右手を弾いてもらって、先生が左手を弾く」(逆もしかり) ということがZo...

ピアノオンラインレッスンを数ヶ月やってわかったオンラインレッスンの意外な効果

ピアノオンラインレッスンを数ヶ月やってわかったオンラインレッスンの意外な効果の画像

ピアノオンラインレッスンを数ヶ月やってわかったオンラインレッスンの意外な効果

ピアノのオンラインレッスンは、通常のレッスンと違う?
ピアノ教室カノンでのオンラインレッスンは、全レッスン適応は6月までで、7月から対面を開始しています。しかし、コロナ収束が見えないため、オンライ...

教室休業とオンラインレッスン継続のお知らせ

教室休業とオンラインレッスン継続のお知らせの画像

教室休業とオンラインレッスン継続のお知らせ

こんにちは。ピアノ教室カノンです。 国の緊急事態宣言により、5月8日から教室レッスンは休業、オンラインレッスンに切り替えて参りましたが、引き続き6月末まで教室レッスンは休業とさせていただきます。...