注目の記事 PICK UP!

リトミックって何歳から始めればいいの?

子供の情緒に音楽が良いという話はよく聞きますよね。

では何歳くらいがよいのでしょうか?

リトミックって何歳から始めればいいの?

胎児のときから

胎児にクラシックを聴かせてみることや、生まれたばかりの赤ちゃんに子守唄を歌って聞かせる事は心を落ち着かせる効果があります。

胎児は20週を過ぎた頃から、音をしっかり聞き分けていると言います。胎

教で音楽を聴かせるのが良いと言われていることもこのことからです。

そんなに早く音が聞こえているなら、音楽教育は早い方が良いと考えられます。

実際、音を楽しむという意味では早いに超したことはありません。それは音楽が子供の感性や創造性、豊かな人間形成を育てる効果があるからです。

小さい子ほど人気でおすすめなリトミック

子供にさせたい習い事ランキングを見ると、音楽教室やリトミック・ピアノなど音楽に関わることが常に上位に上がることからも、その効果が注目されていることがわかります。
音楽教育と聞くと、ピアノやバイオリン、ギター、フルートなどが思いつくでしょうか?

楽器を使う音楽になると、手や身体が発達してからでないと難し買ったりします。早くて3歳以上といったところでしょうか。

でも、歌を歌ったりリズムに合わせて体を動かしたりするのはどうでしょう?それも立派な音楽教育です。

お母さんの歌に合わせて赤ちゃんがにこにこしたり、体の一部を動かしたりすることありますよね。それも音楽です。

そして、まさにその活動こそが「リトミック」なんです。

0歳からのリトミック

知らぬ間にママ達が、お子様に向けて音楽(子守唄や手遊び、プップーなどのリズミカルな音真似)で語りかける部分は多いですね。

つまりリトミックは0歳時から可能な音楽教育なんです。

ただ、運動機能が未熟であるため、耳で聞いた音を表現する方法は限られてしまいます。

その場合、お母様にご協力いただいて表現をオーバーにしていただくことで、お子様がたくさんの音を知り感じることができますが、お母様にはご協力いただく部分が多いですね。^^;

1歳過ぎからのリトミック

1歳過ぎからは子供達も自発的に動けるようになることで、自分で表現したくなったり楽しさの幅が広がり活発的になってきます。
つまりリトミックは、聴く能力が備わった時期から可能で(周りの援助を借りなら)運動能力の発達に合わせて0歳から可能なんです。

すでに1歳を過ぎた頃からは楽しく音楽を表現することができます。

お母様はお子様の「こんな表現するんだ~こんな表情するんだ~」と発見がたくさん出てくることと思いますよ(^^)

絶対音感がつく?

早くから音楽教育を始めると、絶対音感が身につくと言われています。

人の耳の成長が止まるのはとても早く、7歳になると止まってしまうそうです。

それよりも前に音楽教育を始めることで、絶対音感を身につけることができます。

7歳を超えてしまうと身につかないわけではありませんが、少し苦労することになるでしょう。音を聞き分けられる能力は、外国語の習得にも役に立ちます。難しい発音の言語でも絶対音感を身につけている子供の方が、早く言葉を聞き分け発音できるようになるようです。
是非年齢に合わせたリトミック、お子様の成長に合わせたリトミックを親子で楽しんでいただけたらなと思います!

リトミック特別体験レッスン(各回5組限定)

参加費:1000円/1人
場所:ピアノ教室カノン(根津駅徒歩6分、日暮里駅南口徒歩10分)

2018/2/23 (金) 10:00-10:45(0〜1歳) 11:00-11:45(2〜5歳)

2018/3/3(土)13:00-13:45(0〜1歳) 14:00-14:45(2〜5歳)

お申込み・お問い合わせはこちらからどうぞ!

これから、リトミックについての記事をアップしていきますので、どうぞお楽しみに!

体験レッスンにご興味ある方はこちら

ピアノ教室カノンラインアットはこちら
友だち追加
※メッセージを送っていただければ一対一で会話できます。ご質問もお気軽にどうぞ。

ほぼ毎日更新!Youtubeチャンネル登録お願いします!

アメブロ読者登録はこちら
アメブロ読者登録

関連記事

  1. リトミック体験レッスン 3/18 感想

  2. 2/23リトミック体験クラスでした!

  3. リトミック講師になろうと思った理由

  4. リトミックって習う意味はあるの?

  5. 人見知り場所見知りの子〜ずっと泣いていたけど大丈夫?〜

  6. リトミックでのエピソード・1

  7. リトミックでのエピソード2

  8. リトミック教室の選び方

  9. ソルフェージュ体験レッスン 3/14 

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。