記事の詳細

先日8月5日は日曜日クラスのレッスンでした。日曜日クラスは2、3歳ちゃんが多く、動きも表現もとても豊かです。毎回楽しくレッスンしています。今回も海に出かけて泳いだりカニさんに出会ったり、砂浜で砂山を作ったり。季節の楽しいことを題材にした「音を感じる」表現はたくさんあります。「楽しいから興味がわく」、楽しいから身につくというわけですね!

リトミックの嬉しい話

レッスンが終了し、おかえりの時に嬉しいお話を教えていただけました。先日、生徒ちゃんはお祭りに行ったようで歌謡ショーのようなイベントがやっていたそうです。生徒ちゃんは体を揺すって喜んで見ていたようです。それは、曲に合わせ揺らし、曲調が変わるとそれに合わせ変えていたそうです。もともと表現力が豊かなお子さんでしたが、やはりリトミックによって聞く力表現する力が養われているんですね。

ビートを感じる

リトミック教室で使う使う遊びなどでスカーフを縦に振ったり横に振ったり、これはビート(拍)の分割と言って1拍が2分割か3分割かによってスカーフ(体)が揺れる感じが違ってくるんです。また長調短調の聞き分けでも、動きは変わってくるかもしれませんね。この生徒ちゃんの場合はお遊戯を踊っていたのではなくその場で聴こえてくる音楽を自分なりに感じ、そして体で表現したと言う事ですね。つまり流れてくる曲を聴いてビートや長調短調、フレーズなどをすぐに体が理解していたと言うことです。これはすごいことですよね。
お母さんもとても喜ばれていました!もちろん私もとてもうれしかったです(^_^)

現在2歳3歳ちゃんクラスでは、表現の他にも複雑なリズム打ちや音符理解なども、「ピアノ教室カノンリトミックカリキュラム」ならではの楽しいアプローチで、子供たちもどんどん吸収し成長を見せてくれています。

幼児リトミック体験会決定!

来月9月4日に、幼児クラスのリトミックの体験会を予定しています。
最近では小さいお子様のピアノ教室入会のお問い合わせが増えております。そしてピアノを弾く前の段階でリトミックはとても有効です。

幼児リトミッククラスのいいところ

例えばまだ文字が読めない小さな子供たちに突然絵本を読みなさいと言っても文字もわからず読むことができません。しかし何度も読み聞かせてあげたり、物語を一緒に分かち合ったり場面ごとに抑揚つけて読んであげたりすることで、それは楽しいことで、自然に自分も読んでみたいと思うようになりますよね。
リトミックも同じで、まずは楽器演奏をする前の段階に、音を聴く力、音の高低、ビート感、フレーズ感、様々なリズム打ち、長短の聴き分け、クルーシス(音の盛り上がり、音の到達点)、などなど書ききれないほどの音楽要素が含まれている楽しいカリキュラムを行います。
今回の幼児クラスでは上記に述べたカリキュラムプラス、音符理解、聴いたリズムを音符にする、リズムカードを自分で見て打つ、音階の理解、聴音を体で表現すなど、びっくりするくらい高度なことを、楽しく習得できるカリキュラムです。ぜひ小さなお子様はピアノにお通いいただく前に、リトミックを体験し、しっかり音楽の土台を作っていただくことで、その後の楽器演奏活動が、とてもスムーズにいく思います。
ピアノをお考えの方は、ぜひこの機会に幼児リトミッククラスの体験レッスンを受けてみてくださいね!
皆様のご参加お待ちしております。

日時  9月4日15時より 40分間
5組様限定!
基本的保護者分離でおこないます。見学は可能ですので、お子様の活動をどうぞご覧になっていて下さい。お申込みフォームから、ぜひどうぞ。お待ちしています。

体験レッスンにご興味ある方はこちら

ピアノ教室カノンラインアットはこちら
友だち追加
※メッセージを送っていただければ一対一で会話できます。ご質問もお気軽にどうぞ。
ほぼ毎日更新!Youtubeチャンネル登録お願いします!

アメブロ読者登録はこちら
アメブロ読者登録

 

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。