記事の詳細

体験レッスンの心得

お子様が1才くらいになると、何か習い事をしたり外に出たり子供にたくさんの体験をさせてあげたいと思いますよね。

そんなお子様を連れて、体験レッスンやイベントなどに参加するときの心構えを5つご紹介します

1.子供は親の思い通りにはならない

2.体験することが重要で上手下手を

考えてはいけない

3.子供にむりやりやらせようとしない

4.子供の気持ちがのっていなくても、親は楽しむ

5.たとえ子供がその時興味がなさそうにしていても、その場の空気や音は全身で感じている

子供はその日その時、いつもタイミングよくご機嫌でもなく寝てしまったり、予想外につまらなそうだったり、逆に帰りたがらなかったりとか・・・

とにかく大人の予想通りになんて動いてくれません

だからといって、子供には何の罪もありませんよね(^_^;)

必ず意義がある!

子供たちが小さい頃、様々な経験や体験に参加することはとても意義がある事だと思います。

初めから、どうせ行っても・・・と、あきらめてしまわずに、ぜひ、たくさんの体験をさせてあげてください。

たとえ、参加しなかったとしてもその場の音や空気を肌で感じている記憶はしっかり刻まれています。

また、子供が楽しくなさそうでも、ママは楽しいよ!そんなことを伝えることも子供達には重要です。

しっかり吸収してくれていた!

私のリトミックレッスンへ初めて来たお子さんが、なかなかなじめず、その日はほとんどママにべったりでした。何とかスティックをちょっと持ったり、タンバリンに触れたり・・・

初めての場所や人になれるには子供だって時間がかかるものなので、珍しいことではないのです。

それから一週間後、お会いしたお母さんからはうれしい報告がありました

レッスンから帰宅後、あんなに知らんぷりして聴いていなかった様にみえたお子さんでしたが帰宅後、リトミックの内容を、お兄ちゃんに教えて一緒に楽しんでいたというのです

このエピソードからもわかるようにその場では動けなかった、場になじめなかった…としても、その場にいて、体感したことは記憶にしっかり残っています。

つまり、その場でできるかどうかは重要ではないのです。

まず、体験し、全身で感じることが重要であると私は考えています

同じように動けなくても、今この子は吸収中なんだと思って、心穏やかに見守ってあげてほしいと思います。大丈夫!お子さんの頭と体にはしっかり記憶されています。

お母さんの関わり方次第で、子供はぐんぐん伸びますよ!

 

 

体験レッスンにご興味ある方はこちら

ピアノ教室カノンラインアットはこちら
友だち追加
※メッセージを送っていただければ一対一で会話できます。ご質問もお気軽にどうぞ。
ほぼ毎日更新!Youtubeチャンネル登録お願いします!

アメブロ読者登録はこちら
アメブロ読者登録

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。